説明

ショパールのオート・オルロジュリーの工房で一貫して開発・製造・組み立てが行われたキャリバーL.U.C 08.01-Lは、世界初の手巻きミニッツ・リピータームーブメントを搭載。ゴングとサファイアガラスが一体化したモノブロックを形成するストライク機構を特徴としています。2組の香箱のひとつは、60時間のパワーリザーブを保証する時間計測のためのエネルギーを蓄え、もうひとつは最長時間である12時59分を続けて12回鳴らすことができるストライク機構に必要なエネルギーを蓄積します。ジュネーブ・シール取得品質とスイス公認クロノメーター検査局(COSC)に加え、このムーブメントは4つの特許同様、独自のオンデマンドストライク機構を発展させることができました。ショパールならではの正確さとエレガンスを備えたこのウォッチは、時と分を中央に、スモールセコンドを6時位置に表示します。

仕様書