Mariah Carey wearing butterfly diamond jewellery

マライア・キャリーの創造力豊かなイマジネーションから生まれたダイヤモンド ジュエリーのコレクションに命を吹き込むため、ショパール、そしてその共同社長&アーティスティック・ディレクターのキャロライン・ショイフレとマライアとのコラボレーションが生まれたのは、ごく自然なことでした。メタモルフォーゼ(変容)を象徴する蝶は、マライア・キャリーを、非常に長きにわたって彼女を成功へと導いてきたエネルギーの輝かしいエンブレムとなっています。 詳細を見る

마이 해피 하트 다이아몬드 주얼리를 착용한 여성

ショパールの新しいダイヤモンド ジュエリーコレクション、マイ ハッピーハート。心地よく、さりげないランジェリーのように、優しく肌に寄り添うジュエリーです。ダイヤモンド ジュエリーコレクションは、ショパールの伝説的なクリエイションから、ハートとムービングダイヤモンドというアイコニックなコードを取り入れ、新しいプロポーションに仕上げました。可憐なハートがあしらわれたジュエリーは、スタイリッシュなアクセサリーとして、単独でも重ねづけでもお楽しみいただけます。 詳細を見る

ショパールのダイヤモンド パルム・ドール

2022年、カンヌ国際映画祭は創設75周年を、そしてこの伝説の映画祭とショパールとのパートナーシップは25周年を迎えます。この記念すべき特別な年を祝し、メゾンは、ローズクォーツを台座に使用し、2枚の小葉にダイヤモンドをセットした特別なパルム・ドールを制作しました。 詳細を見る

ショパール レッドカーペット ハイジュエリー コレクション

カンヌ国際映画祭の75周年、そしてショパールと映画祭とのパートナーシップ25周年を祝し、キャロライン・ショイフレは、2022年のレッドカーペット コレクションのテーマに、「Chopard Loves Cinema」を選びました。 詳細を見る

これは、千のアイデアを持つ少女、キャロライン・ショイフレの物語です。その舞台は、千の色で描かれたおとぎ話、千のライトが煌くショー、千の炎で照らされて輝く宝石を生み出す抽象芸術とグラフィティが綾なすイマジネーションの世界です。子どもの頃から思い描いていた空想の旅や、家族旅行、夢、情熱、憧れ、懐かしい思い出…。こうしたすべてのことが、キャロラインの無限の創造性を育み、ブランドのアイコンとなった手足が動くピエロのジュエリー「ハッピークラウン」を生み出し、人々を童心に帰すハッピーな物語で、メゾン ショパールに新たな気風をもたらしました。 詳細を見る

ショパールは、ハイジュエリーの美しさ、クラシシズム、クラフツマンシップを際立たせ、フェミニンでカリスマ性があり、快適な着け心地を約束するジュエリーで洗練されたスタイルを披露し、プレシャス レース ダイヤモンド ジュエリー コレクションにおいて倫理と美を融合させます。 詳細を見る

ショパール マニュファクチュールは、25年にわたり一貫して革新性と卓越性を追究してきました。この姿勢は、フライング トゥールビヨン搭載の機械式自動巻きL.U.C キャリバー 96.24-Lの開発に鮮明に示されています。 詳細を見る

ショパールの共同社長兼アーティスティック・ディレクターのキャロライン・ショイフレの先導により創設された20年以上の歴史を持つショパールのアトリエは、素晴らしい運命を享受し、いくつかの重要な節目において、その存在感を示してきました。その最新エピソードをご紹介しましょう。キャロライン・ショイフレは、メゾンのクリエイティブの真髄であるカラーダイヤモンドに対する情熱を体現すべく、2022年のパリ・オートクチュール・ウィークにおいて、驚くべき10.88カラットの見事なピンクダイヤモンドを含む比類なき貴石のセレクションを発表します。 詳細を見る

ラグジュアリージュエリーの歴史を塗り替える画期的な発見となったストーン、「ショパール・インソフ」(“インソフ(insofu)”とは、原石が発見された地域に住む人々が使用するベンバ語で象の意)と名付けられたこの希少で比類なきストーンは、ザンビアのカゲム鉱山で発見されました。重量(6,225カラット)とクオリティの双方において史上最も重要な発見のひとつとなった貴石です。 詳細を見る

ホリデーシーズンが到来。クマのアーティが仲間達と一緒に帰ってきました。今年のアーティは、恋のお相手エイミーも一緒です。ショパールの素敵なサプライズ ギフト アイテムでいっぱいのマジカルなウィンターワンダーランドで、アーティやエイミーたちのギフト選びを手伝いながら、あなた自身の愛する人へのパーフェクトなギフトを探しましょう。 詳細を見る

ショパールの精緻を極めたジュエリーウォッチ「フラワー パワー」が、11月4日(木)に開催された権威あるジュネーブ ウォッチ グランプリ(GPHG)の第21回授賞式で、ジュエリーウォッチ賞に輝きました。 詳細を見る

アルパイン イーグル コレクションは、発売以来、その卓越した技術力に加え、繊細で美しいデザインが好評のタイムピースです。この特別なウォッチは、グラウビュンデン州産のスイスの花崗岩(グラナイト)で作られた文字盤が特徴で、ブルーとグリーンのインクルージョンが、飛翔する鷲が眼下に見下ろすアルプスの森や湖の美しさを想起させます。また、このウォッチには、同コレクション初の革新的な要素として、ビーズブラスト加工を施したルーセント スティールA223製ケースとカーフレザー製ストラップが採用されています。 詳細を見る

再びあらゆる期待を超えて、ショパールはアイコニックな「アルパイン イーグル」スポーツウォッチ コレクションに2021年版「アルパイン イーグル ケイデンス 8HF」を加えました。高精度とスポーティなスタイルを融合させたこのリミテッドエディションは、高振動時計製造の傑作です。 詳細を見る

"ショパール共同社長のカール-フリードリッヒ・ショイフレと、バンフォードウォッチ部門の創設者ジョージ・バンフォードとのコラボレーションによって誕生した、ミッレ ミリア バンフォード エディションは、33本限定のシリアルナンバー付きで、ディテールの一つ一つに至るまで入念な注意が払われているのが特長で、職人技と品質を大切にする強い姿勢がエレガントなスポーツウォッチからも明確に伝わってきます。 これら2人のジェントルマンによる対話から誕生したミッレ ミリア バンフォード エディションの特長は、ブラック、ダークグレー、フレームオレンジ(赤みがかったオレンジ)のエレガントな組み合わせです。直径42mmのケースは、ビーズブラスト加工を施したDLCコーティングのステンレススティール製です。この現代的で革新的な素材は、ダークグレーの色合いがヴィンテージカーのイメージを演出しながら、傷が付きにくいというメリットもあります。これは、レースでの挑戦にさらされるスポーツウォッチにとって重要な品質です。また側面には、ステアリングホイールが刻印されたリューズとピストンの形をした2つのプッシュボタンを備えており、コレクションのインスピレーションを呼び覚まします。短いラグに加え、コーデュラ仕上げを施したブラックのラバーストラップも腕に完璧にフィットします。このストラップには、アクセントとしてオレンジのステッチを施し、オレンジのカーフレザーのライニングを付けました。 文字盤は、マットダークグレーの表面が、秒針とクロノグラフ積算計にアクセントを添えるオレンジ色と見事なコントラストを成し、視認性を高めています。同様に、タキメータースケールは、ブラックのインナーベゼルリング上でオレンジのグラデーションを成し、4時と5時位置の間にある日付窓が視認性を高めています。" 詳細を見る

"例外的な一年を記念し、第39回の「la corsa più bella del mondo(世界一美しいレース)」で伝統と革新が融合します。この機会にショパールが製作した2つの新作ウォッチは、モダンなクラシックとしてゴールに到達し、さらに未来へと向かいます。 詳細を見る