L.U.C スカル ワン カラベラ ポップアート

25本特別限定エディション

ショパールは、「Dia de los Muertos(死者の日)」から着想を得た特別なラグジュアリーウォッチコレクション、「L.U.C スカル ワン」シリーズの第4作目を発表します。大胆かつコンセプチュアルなデザインが魅力のこの限定エディションの超薄型ウォッチは、オートオルロジュリーにおけるエクセレンス(卓越性)を追究するメゾンの文化を忠実に踏襲しながら、そのクリエイティビティとイマジネーションを体現しています。

目を見張るデザインが魅力の超薄型モデル

厚さわずか7.2mmで直径40mmの「L.U.C スカルワン カラベラ ポップアート」超薄型スティール製ラグジュアリーウォッチは、ショパールの高耐久性ルーセントスティール™を素材に使用し、ビーズブラスト加工を施したDLCコーティングのブラック仕上げが、メキシコ国旗のカラーで彩色されたスカル モチーフをあしらった印象的な文字盤をパーフェクトに引き立てています。ショパール マニュファクチュールの工房で設計から組立に至るすべての工程を経て制作された自動巻きキャリバーL.U.C 96.53-Lが搭載されています。

L.U.C スカル シリーズ × ショパール

紡ぎ続けるストーリー

「L.U.C スカル ワン カラベラ ポップアート」は、カール-フリードリッヒ・ショイフレの先導により、ショパールにオートオルロジュリーの技と伝統に捧げる「L.U.C コレクション」が誕生して以来、現在に至るまで続くストーリーの一部を担っています。コレクション初のタイムピースである「L.U.C 1860」は、1996年に製作されました。以来、「L.U.C コレクション」は長年にわたって発展を続け、スイスの時計製造における崇高な伝統に従って、フルリエとジュネーブにあるショパールの時計製造工房で開発、製造、組み立て、装飾が行われ、常に精緻で、往々にして非常に独創的な複雑機構を一貫して提供しています。独創性あふれる「L.U.C スカル ワン カラベラ ポップアート」スティール製ラグジュアリーウォッチは、この魅力的なストーリーの次章を開くと同時に、メゾンの優れた再創造性と驚くべき斬新性を明確に体現しています。

記事

CHOPARD X JULIA ROBERTS

詳しく見る
記事

L.U.C スカル ワン カラベラ ポップアート

詳しく見る
記事

ショパールがパリ ファッションウィークに登場

詳しく見る