カンヌ国際映画祭

ショパールは、1998年よりオフィシャルパートナーを務めているカンヌ国際映画祭と輝かしいデュオを結成しています。

グラマーの代名詞

映画への愛を謳うメゾンは、パルム・ドールをはじめ、映画祭の閉会式で授与されるすべてのトロフィーを制作を行っています。また、前途有望な新進気鋭の若い俳優に「ショパール トロフィー」を授与し、映画産業の発展を支援しています。グラマラスの代名詞であるショパールは、「レッドカーペット コレクション」の壮麗なハイジュエリー クリエイションでレッドカーペットの“登壇の儀式”に臨むスター達を飾ります。――「3、2、1、アクション!」

(On-screen text: Legacy)


(Black and white pictures of actors wearing elegant jewelry on the red carpet.)


[dramatic music plays]


(Old film footage of lovers exchanging longing looks.)


From star-crossed lovers to triumphant tales, love stories make their way into our hearts, and open us up to a myriad of dreams.


(Gold dust floats across a black background, then grows into golden flashes of light swirling across the screen.)


(On-screen text: Chopard)


(On-screen text: Chopard loves cinema)


(A family photo centers in on Caroline Scheufele. A hand holding a magnifying glass highlights the jewelry she wears.)


At the Maison Chopard, the 90s began with a new creative spark, coming from the heart and soul of Caroline Scheufele.


(A shooting star streaks across a starry night sky into a French Riviera backdrop featuring palm trees, seagulls and the sun sparkling on the sea.)


Guided by the stars above, Caroline's path was destined to bring her to the French Riviera:


[waves crash and seagulls squark in the background]


The inauguration of a Chopard boutique on the Croisette, a chance encounter!


(The Chopard boutique on the Croisette appears, then a ribbon adorned with the words "CHOPARD CANNES" is cut open with a golden pair of scissors, and falls to reveal a smiling Caroline Scheufele.)


The prestigious Swiss Maison meets the most respected festival in cinema: the International Cannes Film Festival.


(A golden C from the Chopard logo swirls into the golden palm leaf of Cannes Film Festival.)


Opening the doors to a world of marvels, and the start of a beautiful love story.


[cameras clicking]


(Caroline Scheufele appears on the red carpet, smiling and posing in front of the cameras, with jewelry gracefully adorning her neck and wrist. Sepia footage follows of the Cannes Film Festival, the red carpet, the stairs, palm trees and the sea.)


From the very beginning, the relationship is built on trust.


(A handshake between a hand wearing an elegant jewel-encrusted bracelet and a hand with a gold palm leaf cufflink.)


And Caroline is given an extraordinary task: to re-design one of the most coveted trophies in the world of Cinema: the Palme d'Or.


(Caroline sketches a design for the Palme d'Or trophy. The trophy appears in the hands of acclaimed actors in a series of sepia images.)


She turned the Festival's emblem into a spectacular jewel.


[sparkling sound]


(Caroline poses, smiling, next to a giant, sparkling Palme d'Or trophy. A black and white film reel flits across the screen featuring different versions of the trophy and photos of the winners.)


Year after year, Caroline outdoes herself. Fervent supporter of the seventh art, she conceives the Trophée Chopard to reward young, promising talents, gifted actors and actresses who give life to unforgettable films. Influenced by her favorite movies, every jewel Caroline creates whispers its own story.


(Black and white photos of actors with jewelry highlighted in color.)


Actresses are the muses who inspire her creations. To honor their talents, their ability to make us journey across worlds and cultures, Caroline designs a unique collection for them to shine brighter than ever before: 60 glowing pieces, named after the iconic Red Carpet, celebrating the Festival's 60th anniversary.


(The number 60 appears in golden script, with an actor holding the Palme d'Or inside the 0.)


[cameras click]


(Cameras flash as actors pose on the red carpet.)


And every year, like a fairy godmother, Caroline adds a piece to the Red Carpet collection, to equal the number of candles blown by the Festival.


(Against a backdrop featuring the Cannes seaside, a hand holds up an elegant piece of jewelry that changes to show each year's version. The years flit by against a black background with the words "FESTIVAL INTERNATIONAL DU FILM CANNES" in gold.)


As the partnership grows, the Maison embarks on a sustainable journey, and from the Red Carpet is born the Green Carpet collection.


(A large red jewel surrounded by a ring of smaller drop-shaped jewels is replaced by a sparkling silver spiral surrounded by green leaf-shaped jewels.)


To give life to such a world of beauty, it takes a team of dedicated, passionate, and highly skilled artisans, the same excellence that is needed to create cinematic masterpieces.


(Film snippets of the artisans at work in their workshops flash by, then a flash of white light dims to reveal the lens of an old-fashioned 60s-style film camera.)


Every year during the famous "quinzaine", the Maison ignites the Cannes Film Festival, creating a haven, a place to relax under the shadow of palm trees, a place to enjoy moments of glory.


(The sun sparkles on the sea, palm trees are silhouetted against the sky; a woman in a white dress poses on the seafront.)


The Sun of the Côte d'Azur witnesses wonderful creatures, the rituals of preparing for the marvels of the evening.


(Close-up of a woman putting on a precious earring. Close-up of a wrist adorned with a L.U. Chopard timepiece.)


And adding the ultimate touch to perfect gentlemen, Chopard grooms legendary couples of Cinema, to walk up the famous Montée des Marches.


(A woman in an intricate gown walks up the stairs and disappears in a flash of light at the top.)


When night falls, Chopard whisks the stars to unforgettable soirées, bringing together a hive of talented artists.


(Fireworks burst against a night sky in Cannes. Footage of concerts, parties and firework displays.)


An invitation to celebrate beauty, love, and cinema. United by their dedication to the 7th Art, the love story between Chopard and the Cannes Film Festival carries the promise of a bright future.


(The golden palm leaf appears among a swirl of gold dust against a black background. Hazy close-ups of a film camera and the Palme d'Or trophy.)


(On-screen text: CHOPARD)


(On-screen text: FESTIVAL DE CANNES OFFICIAL PARTNER)

魅力の真骨頂

映画への愛を謳うショパール

過去20年以上にわたり、偉大な映画スターたちが纏う比類なきハイジュエリー クリエイションを生み出してきたショパールは、煌びやかで魅力あふれるそれらの作品で、メゾンの真価を披露してきました。ジュリア・ロバーツ、シャーリーズ・セロン、ケイト・ブランシェット、ジュリアン・ムーア、シャロン・ストーン、グウィネス・パルトロー、ヒラリー・スワンク、マリオン・コティヤール、レア・セドゥ、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、ルピタ・ニョンゴ、フリーダ・ピント、范冰冰(ファン・ビンビン)、章子怡(チャン・ツィイー)、そしてイザベル・ユペール… 。多くのスターたちが、ショパールのアトリエで制作された珠玉のハイジュエリーを纏い、レッドカーペットでその存在を煌めかせてきました。

パルム・ドール

カンヌ国際映画祭の最高賞に贈られる、映画監督なら誰もが一度は手にしたいと渇望するパルム・ドールは、キャロライン・ショイフレによって、1998年よりデザインが一新されました。パルム・ドールに加え、カンヌ国際映画祭の閉会式で授与されるその他のすべてのトロフィーは、ショパールのアトリエでのみ制作されています。 さらに2014年から、パルム・ドールはフェアマインド認証を取得したエシカルゴールドで制作されている唯一の映画祭のトロフィーとなっています。

キャロライン・ショイフレによる新デザイン

すべては1997年、キャロライン・ショイフレが当時のカンヌ国際映画祭の会長ピエール・ヴィオ氏と出会った時から始まりました。ピエール・ヴィオ氏のオフィスに展示されていたトロフィーをじっくりと眺めていたキャロライン・ショイフレに、彼は新しいパルム・ドールのデザインを依頼しました。映画を愛する彼女にとって、それは新たな挑戦でした。彼女は夢中で取り組み、その限りないインスピレーションとクリエイティビティを、映画界で最も渇望される賞のひとつに捧げたのです。翌年、1998年のカンヌ国際映画祭閉会式にて、全世界に向け、新しいパルム・ドールが披露されました。そして今日に至るまで、ショパールはその栄誉あるトロフィーを作り続けています。

明日のスターたち

若い才能を讃える賞

2001年に創設された若き俳優や女優に贈られる「ショパール トロフィー」は、国際的な映画界における前途有望な世代を称えます。マリオン・コティヤール、ジェシー・バックリー、ニールス・シュネデール、ジャック・ロウデン、レア・セドゥ、ジョン・ボイエガなど、ショパール トロフィーの過去の受賞者たちは、輝かしいキャリアを築きながら、自らの希望を幾度となく実現しています。

受け継がれていくスポットライト

クリエイティブな映画制作を無条件にサポート

ガラスの台座の上にシルバーコーティングされたゴールドのフィルムリールを象ったショパール トロフィーは、キャロライン・ショイフレが自らデザインを手がけたもので、パルム・ドールをはじめ、カンヌ映画祭のクロージングセレモニーで授与されるその他のトロフィーと同様に、ショパールのジュエリー職人によって製作されています。受賞者の選考は、キャロライン・ショイフレに加えて、過去のショパール トロフィーのゴッドマザー/ゴッドファザー、そして、かつて自らがスポットライト浴びた受賞の喜びへの思いを新たなスターに快く託す受賞経験者たちで構成された選考委員会によって行われます。

'Contes de fées'

レッドカーペット コレクション

キャロライン・ショイフレの豊かな創造力から生まれたショパールの新作レッドカーペット コレクション「Contes de Fées」が、あなたを“魅惑の王国”へと誘います。幻想的な動物や空想の花々が、夢のようなジュエリーに命を吹き込むおとぎ話の世界をご堪能ください。

詳細を見る

プレシャス レース

ルール・ドゥ・ディアマン